ここ数日のこと

今日は早口で。


身内で聞く目的だけど新曲のデモ録音をしてます。「はじめなかおわり」が完成したのが大体一年前で、「2011」に入れた曲以外にもこの一年に書いた曲がたくさん控えてる。
宅録してたら時間が過ぎるのが本当に速く感じる。好きなんだな〜自分この作業、と改めて思う。多くのことにほんとどうでもいいと思ってしまう方なので執着できるものがあってまあよかったのか。
今回の録音は岸田先生と金川(ともに普段ライブに参加してくれてる人です。念のため)2人にドラム叩いてもらいました。2人ともつくづくいいドラマー。


・12日…岸田さんとドラム録音。夜に、普段使わない電車に乗って少し遠出。シガレットシーワズかわばたさんから楽器を譲ってもらえることになったのでそれを受け取りに。この日初めて直に話をしたかわばたさんは、よくいるシンプルな方でなく、複雑な方の"いい人"であるような感じがした。二分しか話してないけど。四月にかわばたさん主宰のトマトレコード企画にお呼ばれしてるので(日程詳細はもうすぐお知らせすんね)、また会えるのが楽しみ。

・13日…金川とドラム録音ののち、飯を食いながら好きな食べ物の話をして(金川の好きな食べ物は枝豆だそう)、歩いて帰った。えらく寒かった。あったかくなったらそれだけで色んなことがうまくいくな〜って毎日思ってんな〜と思いながら寝た。

・14日…かねと録音2日目。アレンジしながら録っていく作業、俺は注文して、あとはボタン押して聞いてるだけ。変な顔の練習とかをする。
帰りに金川と入ったうどん屋チェーンのテーブルでデビューシングルを宣伝されていた、その文句が、「そのお店で二年間バイトして演歌歌手としてデビューした」というお兄さんについて考えた。
業界にはいろんなやり方があって、その大体がうまくいかないというのは俺でも知ってる。何を以ってうまくいったとするか、なんていうのはこの場合おおらかさというよりはボケてるだけで、15万の月給を受け取るようになるまでがアホみたいにきつい世界だ。うどん大盛り\300は最高!と思ってバスで帰った。

三日間で録ったもののラフミックスをして、散歩がてらそれを聴き、さっき帰ってきた。いま風呂。



発災二年目が始まって、色んな人が黙祷してるってツイートしてそれ黙祷してんのかツイートしてんのかって突っ込んでも誰も不謹慎だとかはもう言わなくなって、なんとなくみんな居心地悪そうな節目に、右に倣い自分の居ずまいを正そうとやはり思いもする。この一年を振り返って、俺はやっぱりこんな話になってしまうのだけど、「2011」というアルバムを作って、無理やりだったから期間限定のしかもCDRになったけど、誰にも口を挟ませずに一つのものとして出して、本当によかったなと思う。マジョリティから見たらおよそ不誠実と言われるようなやり方かもしれんし、正直に、口を開いたのだという実感は、それを俺が誇ったら笑う人もあるだろうけど。


一昨年まで音源を作ったら必ずブログに書いていたセルフ全曲解説を、最近になって褒めてくれた人があって、その人が批判的な目線を持てる人なのですごく嬉しかった。まあ、「2011」についてはやらないと思う。なんか大変そうだし。