四月

四月の総括、といきたいところだけど前半の方とかよく覚えてない。四月終盤に印象的なことがいくつもあったので少し書き留めます。
ずっと続いていた新曲の製作期間、気持ちの面も体調もガタガタになりながらなんとか乗り越えたその一区切りと、長い冬がようやく終わったタイミングが重なって、なかなかすっきりしています。去年ほどではないにせよ今年も冬は本当に厳しかった。



・5/4の甘党祭13に向けて(おそらく今回限りの)七人編成のリハーサルがスタート。
この日はドラム岸田ベース熊谷ギター西田のおなじみレギュラーメンバーに加え、久しぶりにコーラスいしばしさちこが合流。鍵盤には今回から山田悠(TESUSABI/EX.H Mountains etc..)が参加。さらにトラドラムの金川がパーカッションで、俺と計七人。完全パーティー仕様です。新曲もやります。
いよいよ五日後。



・三月によしむらバンドを引退した謎本トミコ主宰のバンド、絶景のレコーディングにギターとコーラスで参加してきた。なかなかいい仕事を、というよりよくも悪くも俺にしかできないことをしたと思います。リリースの際にはまたお知らせします。



・この四月末にいいライブをたくさん見られた。なかでも久しぶりに見たMOROHAは、よかったというより、もう考えさせられた。同い年の奴らがここまでまっすぐに戦っている様を(リリックの話だけではない)見ると我が身を省みざるをえない。あっぱれ。

それから27日にセブンスフロアで対バンだったリツコとヨシコ(「ricca」、ヨシュアカムバックそれぞれのボーカルの二人によるユニット)。タフネス、笑い、キワキワまでドライな歌心。ライブハウス音楽かくあるべし、と思った。爆笑しっぱなし。
この日俺は久しぶりにエレキギターで弾き語りをやった。ちょう気持ちよかった。



・高校時代からの音楽仲間の結婚パーティーに出席。春のど真ん中の完璧に晴れた最高の天気の日。
同じくその頃からの仲間と即席バンドを組んで、俺が高校生の頃に作った曲を演奏した。生まれて初めて酒を飲んで歌ったら意外と気持ちよくやれた。





暖かい夜中は自分の感情が鮮やかに感じられていいね。