recoooording・修繕、修繕、また修繕・気分は最高

中学生の頃-10年ちょい前-から眼が悪くなりはじめて当時まだ今みたく安いメガネ屋さんがなかったのかあったのを一家全員知らなかったのか二万円くらいで作ったのが初代メガネ。5年くらいは持ってたはずだが高校生のころメガネかけてた写真とか無いし恐らくほとんど使われないままに失くすか壊れるかした。レンズがガラスだった気がする。二代目作ったときにプラッチックやん て驚いた記憶がある
二代目は二十歳ぐらいのときに下北沢で作った。安かったけど3年くらいは使えた気がする。蝶番部分のねじがなくなってレンズがすぐ外れるようになった。しばらくはねじの代わりに100円で何十個も買えるあのクリップを延ばしてさしてひねって使ってた。じきに限界が来て、2年ほどメガネ無しの生活。原付も乗らなくなったし、車は乗らないし、映画館も行かないし、困る場面はまあそんなになかった。でもずっと気になってはいた。ことあるごとにメガネつくらんといかんなーと言ってずいぶん長いこと、
そして今月三代目を作った。安かった。
視界がよくなれば頭もすっきりしていい曲もかけるだろうと思ってたけどメガネ買ってからまだ曲は作ってないからわからない

メガネを作ったのはけっこう大きかった気がする。ずっとなんとなく足りないままで放置してた生活の部分をやっと修繕したのですから
気分は最高!


親知らずも同じだ。今日歯医者いって、明日も行く


あと壊れてるけど騙し騙し使ってるギターを直したい。エアコンも軽くは掃除するけどいっかい本格的に掃除したい。本棚の整理もしたい。




何が言いたいかって、現にこうして死なずに生きてるわけだから全体的にはなんとかなっているんだけど、大小様々の不調を抱えて、気にはしながら、でも全部をいちいち完全に直しながら生活していくことってなかなかできないよね〜っていうこと。そういうの、なんにも気にすることない人ってたぶんいないし、みんな大変だよね〜って。
小さい頃は世界がシンプルで、しかしいつの間にやら要素がどんどこどんどこ増えて、記憶力は衰えてもやっぱり記憶の総量は増えてて-無記号化保存できてないから量的には減ってるとかいう見方もあるにせよまあひとまず黙ってろ-最近同年代の友達とよく交わす言葉、おれら頭悪くなって来てるよね、と、まあ、

なんでこんなこと書き始めたのかわからんようになってきた。続きはまた後日。おやすみなさい




ベースを録り始めて、一曲終える頃には薬指の皮が剥けて、続行不可能になった。二日で治るか、と手帳とにらみ合い、なんというかこう全体が滑稽喜劇なんだけどぎりぎりの綱渡りをやっているような、ぼろ舟のあちこちを修繕しながらする貧乏な航海のようなイメージ。気分は最高!



・・・


もう二度と歯医者の世話になどなるものか
痛くもないし高くもないけどおれは病院というのはとにかくめんどくさくて嫌いなんだ太陽のバカ野郎、気分は最高!