読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

9/5


今日は写真がないので先日登った高尾山にいた天狗の真似をしたときのおれを。我ながらほんとにわからない。


・久しぶりに死ぬほどよく寝た。夕方起きたら、ときメモのプレスをお願いした業者さんから入稿データ不備の留守電が入っていて飛び起きる。不備というか、盤面のデザインをすっかり忘れていた。専属デザイナーとなりつつある山口広太郎に連絡、一瞬で対応。(納品が19日のライブに間に合う目算が出てきた。断言はできないけど、どうせだしみんなライブに来て)



・引き続きスケジュールのあれやこれや。10月、バンドのライブが入ってないから(弾き語りはひとつ決まった)誘ってください。



・タカハシヒョウリと二週間ぶりにラーメン。二週間で久しぶりと感じるんだから相当なものだ。バイト先の仕事ができなさすぎる新人などについていろいろ面白おかしく話す。いわゆるゆとり世代ってのは(87年生まれのおれこそがゆとり世代の先頭だ)、とにかく怖いもの知らずだ。無知は恥であってもけして罪ではない、とずっと思ってたけど考えを改めた。場合による。あんまり人に迷惑かけちゃいけない。そう思うようになったのはたぶんおれがもうおっさんになってきたからだ。迷惑は少しならかけた方がいいけど度が過ぎるのはいけない。その辺はセンスだ。でもこんなこと言ったらどこかで誰かがおれに対して腹を立てる。まあしょうがない。ゆとりだし。
最近人と話し足りてなかったおれが今日は割と一方的にしゃべり散らした。ヒョウリは家で冷やし中華を二杯食べたあとだったらしくミニラーメンにしようとしていたが、彼ははゆとり世代じゃないので普通のサイズにさせた。ライスは勘弁してやった。
念のため書いておくけどおれより歳がいっててもほんとにどうしようもない奴はたくさんいるし、逆に年下にもかなわねえなあって奴はいる。ゆとり世代とかっていうくくりはほんとにどうでもいい。


・一時間かけて歩いて帰りながら、ときメモといろんな音楽を聴き比べて次回作のミックスのことを考えた。課題は多いけど、これまで自分ひとりでこれぐらいはまあやいつかれるようになるだろう、とずっと思ってきたラインを越えられるイメージが出てきてる。自分で録音するのは次あたりがさすがに最後かなと思ってたけどもしかするとまだ結構いけるかもしれない。もちろんすぐやめるかもしれない。
いい曲を作っていい詞を書いて(おれは詞だけははっきり言って最高のものが書ける)、いいギターを弾いていいベースを弾いていい歌を歌って、いい感じの音で録っていい感じのミックスをする。そういえば五年くらい前の方がもっと本気でおれはやれると思っていた、というのを思い出して根拠はないが勇気がわいた。



ツイッターで言ったけど斉藤和義さんの青春ブルースの音像が最高に好きだ。というよりルーツなのかも。わけもわからん頃から聞いてたから、雛鳥が生まれた瞬間そこにいたやつを親だと思う的な。いつか必ず会って伝えたい。