読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2/2〜2/8・ただアルバム聞いてほしいとしか

2/2(日)

晴れ。あったかかったぽい(九州では25度まで上がったそうな)けど引き続きずっと寝てたからわからん。調子はだいぶいいし、熱ももうほとんどない。それだけに悔しさもひとしお。昼まではまどろみつ覚めつ、無理やり寝る。


昼過ぎ平熱(おれの平熱は低かったのを思い出した。そもそも今回熱を計ったのが何年ぶりだか)まで下がったのでゆっくり作業を再開。「ricca」のこないだの録音分のテイク選びとラフ落とし、ブログの更新、旧友らへのリリースのお知らせなど。




2/3(月)

晴れ。外出は散歩くらい。人に会ってはいけないので、用事を二つキャンセルしてしまった。

Facebookに溢れる、友達のからほとんどよく知らない人たちのまで、子育て日記が、大概どれも本当に好きだ、ということに気付いた。日記の文章の書き方の上手い下手とか、自分の性格の明るい暗いとか、全部乗り越えて共通する、なにか突き抜けた感じがある。
例えば学生時代の同級生に対して、おれが正直に言えば平凡さと侮っていたのが、実は子供に人生を譲ってやれる度量の大きさと共通する部分だったのじゃないかと思ったりしている。たぶん当時からおれが近視眼的な世界にしか生きてなかったんだと思う。まあおかげで歌が歌っていられる(まともな神経があったらこんなことやってられない)のか。
おれがインフルエンザで外に出られずに眺めているFacebookの中で、小さな娘の風邪の看病をひと段落させた母親の日記が底抜けに明るい。
かなわん!



2/4(火)

昼過ぎから盛大に雪。インパクトはあったけど大粒で積もらない東京っぽい雪。

夜から出かけて、翌朝までPV撮影。病み上がりで少し無理したか、集中してものを考えられない。撮影はとにかく、いろんな人の力を借りて完遂。なんでこんなおれに付き合ってくれるんだろうと情けないことを本気で撮影中ずっと考えていた。弱っていたんだと思う。撮影自体はいい感じ。




2/5(水)

曇り。アルバム、ついに発売日。大きく展開してくれているお店何軒かに挨拶回り。カードを書いたり、ポップに落書きをして回る。
マネージャーも前日熱を出して、一晩で回復してはいたものの、二人揃って病み上がり、日が暮れてからえらく寒く、元気が出ない日だった。

事務所もレーベルもない、展開費も払わない、手作りの作品をきちんと扱ってくれるお店にただ感謝。

買ってくれた人、聞いてくれている人、本当にありがとうございます。




2/6(木)

病気をやっている間に散らかした部屋を片付けつつ(進まない)、夕方からまた病み上がり二人組は、3日に飛ばしてしまっていた雑誌MUSICAの取材へ。記事は三月号に載りますよ。
インタビューの間も本当に元気出ず、必要ない本音だけ漏れ続けていた一時間。音楽やってる自分、というのがうまく頭の中で像を結ばなかった。普段から切り離しすぎなのかも。

帰ってからワンマン特典の録音、二曲め。




2/8(土)


東京では何十年ぶりの大雪とのこと。






たまにはインフルエンザもいいか、休めて、とかはもうまったく全然思わなかった。今週はとにかく集中できない、たくさん考えてるはずなのに何も答えが出ない、って感覚がずっと。
あったかくならないことにはなんにも考えられん、という結論で、どうでしょうか。もう今週はこれでいいです。