12/28〜1/3・携帯に振り回された

12/28日

暮れの挨拶も兼ねてネストの年末イベントを一瞬だけ見に行った。吉田ヨウヘイgroupを見た、フルートの池田さんが肝になっていた感じがして、でも一言も喋らず、アクションも少なく、そういうのがなんかすごくかっこよかった。
ハマモトさんと談笑して、帰宅。
携帯が壊れたっぽい。電波が入らず、超不便。明日お店に相談に行こう。

兄貴が競馬に連れていき四歳の姪っ子が単勝130倍を当てたらしい。そういえばおれも今までの人生一度きりのギャンブル経験として、何年か前に元メンバーに連れて行ってもらったスロットで20分で五千円勝ったことがあった。



12/29月
ソフトバンクショップに行く。クールな対応に元気なくなる。
部屋をバタバタと片付ける。
夜、吉祥寺のアップル直営の修理屋?受付センター?に行ってみたけど3時間待ちで諦めた。機械はもうほんとイヤ、となりずいぶん前から壊れてたリヴィエラ(ギター)を直すのに必要なネジ釘と木埋めパテを買って帰った。目で見て壊れてる部分がわかるギターはいいね、と思った。次のライブからまたメインがリヴィエラに戻るかもわかりません。バンドのライブ決まってないけどね。おれにライブをやらせろ!


12/30火
新幹線で京都へ。喫煙車しか取れず不安だったけどなかなかどうしてみんなマナーよく、狭い車内が煙たくならない程度に少しずつ煙草を吸っていた。煙草に限らず(新宿駅で先にドアの開く降車専用のホームから乗り込んでくる人の少ないのとか)白い目で見られることに耐えられないのと良心から来るグッドマナーとの見分けはつかないけど、キャリアの長い喫煙者は基本的に何も気にすることなく気持ちよく煙草を吸いたいのだと思う。文字どおり煙たがられながら吸う煙草はまずいという考えの人は多いんじゃないか。
nanoで歌うのはちょっと久しぶりだった。借りたゆーきゃんのギターとはじめ呼吸が合わず焦ったけど、諦めて大きな声を出し始めるとあとは我ながらなかなかよくできた。最後にやったsayonaraは今までで一番よかったかも。
ゆーきゃんバンドのメンバーのことがおれは大好きで、再会が本当に嬉しかった。ゆーきゃんには、久しぶりに会っても全然久しぶりな感じせえへんな、と言われたけど実際ゆーきゃんが富山に帰ってからもわりとよく会っているのでもある。いや、嬉しい言葉。
その言葉におれが、たとえば長いこと会わなくなっても全然平気というか、ゆーきゃんは死なないと思ってるから、と返したのは、今年おれとゆーきゃんにも共通の仲間だったますみさんとゆうひくんが亡くなって(おれがふたりに最後に会ったのはちょうど一年くらい前、ますみさんがおれとゆーきゃんを一緒に仙台に呼んでくれた日だった)、互いに相当なショックを受けながらもそのことを受け入れている、その仕方が、近いかはわからないけど互いのそれをなんとなく理解し合っているという気がしたからだった。セットリストに二曲も追悼の歌を入れておいて、たとえばおれが東京で知り合った頃に比べると遥かにステージでよく笑うようになったゆーきゃんを、鈍くなったわけでも、かといって別人のように強くなったわけでもないはず、と感じたのは、これもまたおれの勝手な想像なのかも、しれないけれども。



12/31水
大晦日だ。東京に帰ってきて一瞬部屋に戻り、すぐにアップルストアへ。安くできたので本体をまるごと替えたけど、結局直らなかった。結構頑張ってネットで調べてみたけど、同じ症状の報告が見つからず、お手上げである。最後の可能性としてSIMカードの交換にかけよう、となる。
ダラダラと紅白を見た。音楽やってる人間としての視点からも、大晦日の過ごし方はテレビを見るというのが一番いいと思う。ボーカリスト天童よしみさんの歌きいて「アレレー?」みたいな気持ちになっとくのが一年の終わり(始め)にちょうどいいんじゃないの。



1/1木
明けました。2014年は全身全霊でサボったし、今年は違う過ごし方をしてみようと思っています。
ソフトバンクショップへ行ってSIMカード交換してもらったが、直らなかった。店員さん曰く、交換してもらった本体が運悪く始めから壊れてたのじゃないか、とのこと。そんなわけあるのか、いや、ないと思った。
そんなわけあるのか、いや、ないと思い家に帰って色々やってみた。リストアしてまっさらの状態だと電波が入り、バックアップから復元するとダメだったのでソフトウェアの問題だったみたい。はっきりとはわからないけどとにかく、いくつかのデータを喪失した代わりに電波はある程度直ったので、もういいや、となる。
仕事初めはこないだ録った大高くんのバンドのテイク選びとエディットしてラフ落とし、と思ったけど三曲だったしミックスまでやってしまった。いい感じ。これで明日一日が手付かずで残ったし、勢いよく曲など作りたい。



1/2金
信じられないくらいよく寝た。勢いなどどこにもなかった。犬の散歩して、パソコン、HDと携帯の中のデータ整理をダラダラやる。
キセルの新しいのをとにかく聴き続けている。



1/3土
昨日の夜中体調が爆発的に悪化してのたうち回り、今日一日その余韻の中にぐったりしていた。たまにあるやつだ。今まだ微かなめまいというか、平衡感覚が安定しない感じ。
昨日に引き続き古いハードディスクの中身を新しいハードディスクに移し替えたりなんだりしていると、懐かしい写真がたくさん出てきた。本当にほっておくと時間は何もかも持っていってしまうと思った。二十代でこれだけの量の過去があるのだからこの先どうなるんだ?と思う。既にほとんど忘れていて、写真を見ても自分がその場に居合わせたのかどうかわからないようなものもある。
不思議なのは懐かしいとは感じても戻りたいとか、missな気持ちがあまりない。
考えてみれば歌詞を書くにもこれまで10年やってきてそのほとんどの時期について、書いたものの大方は過去の出来事をテーマにしていた。それがここ2,3年は割と今現在のことを書こうとするようになっていて、かつ同時に完成まで書き上げる詞の数が激減している。
過去を愛おしく思う気持ちがなくなり、詞に書きたいことがなくなった、という分析で間違ってないような気がしてきた。だからどうした、という話ではあるけれども。
大高くんに投げたミックスはだいぶ方向性を間違えていたようで、要望をもらってまたざくざくと直す。送った。ミックスをしているとフッと自分の音源の録音をやりたい気持ちが鼻先をかすめるような、いや、かすめたような、かすめたのかどうかわからなかったような、いや、かすめなかったような、気がしてくる。