読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう近況1月

Diary

1月の9日から熱が出た。インフルエンザだった。直前に合唱団の練習したり西田んちに遊びに行ったりしてたのでひやっとしたけど、少なくとも誰かが前後にインフルエンザなったという話は聞かなかったのでまあそこはよかったです。

15日の京都はギリギリまで判断できず苦しかったが二日前の時点でお医者の先生からはオッケーがでた。ところがどっこい、当日大雪のために結果的に車移動ができず、バンドで行くのは断念した。お客さん、関係各位には本当に心底申し訳なかったです。ベランダはもちろん、花柄ランタンもウニズもすごくよかっただけにバンドで参加できなかったのがより一層悔やまれました。
別ツアーで前日九州にいた岸田さんと現地で合流して二人で演奏。急造と見せかけて、一緒にやり始めた頃むしろ密談デュオとしてふたりの編成でライブはちょこちょこやってたのでまあぶっつけでもいい感じにやれました。盛り上がってくれた京都のクラウド、ベリーナイスサンキューソーマッチでした。なるはやでまたバンド編成で京都に行くことを約束します。
ちなみに一日通してよしむらバンドグループラインが過去最高に盛り上がっていた。一週間寝たきりだったのでおれの身体はガタガタだった。なんとか終電で帰宅。

翌日からまた調子がおかしくなった。なんともとらえどころの無い不調感で、何がおかしいのかはっきりと表現できない。インフルの後遺症や薬の副作用も調べたがどれもピンと来ない。2,3日憂鬱症がひどくてどうしようかと思ったがそれは抜けた。ただ妙な感覚が抜けない。集中力が続かず、見たり聞いたりしているものから脈絡が抜き取られているような違和感がある。知らない言葉を見ると、これは元々知らなかったのか、知っていたのに今回なにかしら記憶に障害が出て忘れているのか自信を持って判断できない。人から指摘は受けていないので、たぶん何も忘れていないのだけど、確かな感触がない。味は認識できるが(むしろ五感は鋭敏になってる気もする)、それがうまいのかまずいのかわからないという感じ。食欲もない。カチッとなるまで回してくださいってのをちゃんと回してるしカチッとも言ったような気がするけどイマイチ手応えが薄いような。電池の弱ったテレビのリモコンの音量ボタンを押して、効いてんだか効いてないんだかわかんないような。
まあ、まるまる一週間以上経って徐々に違和感は薄れてきていると思うのであんまり深刻には捉えてない。なにか障害があってそれに慣れてきているだけだったとしてもまあ、慣れるなら問題ないわけだし。何かしら障害をゲットするならゲットするで、その人生を生きていけばよいのだし。



さて締め切りがたくさんあっておおわらわなんですが、今日は連絡待ちの時間の方が長かったのでリハビリも兼ねて簡単な録音をしました。
soundcloud.com
「ricca」の"ハノン〜Nocturne For Gimme&Polo〜"という曲のカバーです。元のバージョンがネットで聞けるのかはわかりませんが、ちょっと頑張ればCDを手に入れられるはずです。おれのカバーで伝わるのかわからないけどとにかく良い曲。歌うのめちゃむず。